性病検査の自己負担額はどれくらい?

パートナーのためにも、自分自身のためにも、性病の検査を受けることは非常に重要です。

性病検査の自己負担額はどこで検査を受けるか、どの検査を受けるかで異なってきます。
保健所などで検査を受ける場合、無料で受けることが出来るところもあります。
検査の後、性病に感染しているとわかった場合の治療などのことも考えて検査を受ける機関を選択することが大切です。

また、各病院によっても検査費用は異なることがあります。
一般的にエイズの検査費用は5千円から1万円程度、梅毒の検査は全額自己負担の場合3千円から7千円程度、クラミジアの検査は全額自己負担の場合7千円から1万2千円程度とされています。
性病の検査は複合して行われることがほとんどですので、健康保険が適応された場合でも2万円から3万円程度の金額がかかることがあります。

病院で検査を受ける場合、検査料のほか、診察料や治療費なども必要になります。

検査に行きたいけど忙しくて暇がない方や、誰にも知られずに検査が受けたい方などには、自宅で検査を行える検査キットなどが販売されています。
検査に必要な尿や血液、粘液などを自分で採取し、検査機関に郵送することによって検査が行えるというものです。
病院などで検査を受けるより安価ですむこともあります。